豊海橋(とよみばし)

豊海橋は、日本橋川最下流の橋で、隅田川河口に架かる橋。ここで日本橋川は隅田川と合流します。 東京三鷹の、井の頭公園の「井の頭池」から湧き出た湧き水は、神田川、日本橋川、隅田川、東京湾と注ぎ、太平洋に通じます。
うーん。感慨深いです(^^;

豊海橋の創架は、1698年で別名乙女橋とも呼ばれていました。1903年に改架、下路式プラットトラス橋として鉄橋化されたが、関東大震災で落橋。震災復興事業により、1927年銅製下路式フィーレンディール橋(梯子を横にしたような構造)が改架され、豊海橋は中央区民有形文化財に指定されています。

豊海橋は、西側は新川、東側は日本橋箱崎町。新川の茅場町タワーに、中村橋之助と三田寛子が新婚当時住んでいたと云われている。

また、この豊海橋の近辺には日本銀行創業の地やIBMのビルがあり、歴史と現代の繁栄を感じます。

豊海橋の外観

上流の23_湊橋からみた豊海橋です。豊海橋の先は隅田川で右側が東京湾の方向です。

豊海橋の説明

中央区民文化財
豊海橋
所在地 中央区新川一丁目/日本橋箱崎町(日本橋川)
現在の豊海橋は大正15年(1926)5月起工、昭和2年(1927)9月竣工。
日本橋川が隅田川に流入する河口部の第一橋梁です。橋の歴史は古く、江戸時代中期には豊海橋(別名「乙女橋」)がありました。
この辺りは新堀河岸と呼ばれ、諸国から廻船で江戸に運ばれた酒を陸揚げするところで、川に沿って白壁の酒蔵が並んでいました。
明治期には豊海橋は鉄橋になり、大正12年(1923)の関東大震災で落橋してしまいました。
復興局は新規に設計を土木部の田中豊に依頼、実際の設計図は若手の福田武雄が担当。
隅田川支流の河口部の第一橋梁はデザインをひとつひとつ変えて区別しやすく工夫していました。
それは隅田川から帰港する船頭に対する配慮でした。
福田武雄はドイツ人フィーレンデールの案出した橋梁デザインを採用し、
梯子を横倒しにしたような外観で重量感ある豊海橋を完成しました。
この様式は日本では数ヵ所あるのみで近代土木遺産としても貴重な橋で、区民有形文化財に登録されています。
中央区教育委員会

豊海橋の記念碑

豊海橋
日本橋川の河口に架かるこの橋は、元禄11年(1698)に初めて架けられ、その後何回となく架け替えられ現在に至っています。
現在の橋は、震災復興事業により、昭和2年に復興局が架設したもので、形式名はフィーレンデール橋といいます。
この名は考案者のフィーレンデールの名をとったものです。
梯子を横にしたようなこの形は、名橋永代橋との均衡を保つようにデザインされたもので、我が国では本橋以外に数例しかなく、 希少価値の高い橋です。
「豊海橋鉄骨の間より斜に永代橋と佐賀町辺の燈下を見渡す景色、今宵は名月の光を得て白昼に見るよりも稍画趣あり。
満々たる暮潮は月光をあびてきらきら輝き、橋下の石垣または繋がれたる運送船の舷を打つ水の音亦趣あり。」 (永井荷風 断腸亭日乗 より)
橋梁の諸元
形式   フィーレンデール橋
橋長   46.13m
有効幅員 8.00m
着工   大正15年5月
竣工   昭和2年9月
施工者  復興局
平成3年3月 東京都中央区

豊海橋の外観2

下流側の隅田川からみた豊海橋。

豊海橋の親柱

豊海橋の親柱。ゆたかな海の橋。いい名前ですね。

スポンサードリンク

サイトMENU

Copyright (C) 2008-2016日本橋川・亀島川・隅田川の徒歩と舟の旅. All Rights Reserved.