江戸橋(えどばし)

現在の江戸橋は、昭和 2年 (1927)に架橋された銅製2連アーチ橋です。将来記録が発見されて判明するかも知れませんが、残念ながら、江戸橋の創架時期や名の由来は不詳です。

江戸橋は、日本橋川の両岸には、歴史的価値のある建築構造物が並んでいます。日証館、三菱倉庫、野村證券をはじめ、かつては渋沢栄一邸もあったと云われています。

この、江戸橋は、震災復興事業により架け替えと共に、橋の位置も移動しています。震災以前は、現在の三菱倉庫の場所に架けられていたそうですが、現在は、かつて三菱倉庫の七つ蔵が連ねていた場所に架けられています。
三菱倉庫周辺は、震災復興事業により区画整理がなされた為、河岸地(木更津河岸)であたったにも関わらず、広大な敷地となっている。

江戸橋南詰に、日本橋郵便局があります。日本橋郵便局は、1871年に創設され、1962年、郵便発祥の地として記念の碑文、日本近代郵便の父 前島密の銅像が設置されています。
日本橋郵便局の裏手に、海運橋の親柱が現存しています。江戸橋は、かつて日本橋川と楓川(もみじがわ)が、十字に合流していましたが、首都高速都心環状線建設の為、1960年から1965年にかけて埋立てられました。

海運橋の創架時期も不詳です。1875年、木橋から石造のアーチ橋に改架され、1923年に関東大震災で崩壊後、1927年に新しく架橋されたが、1962年に廃橋になっています。海運橋は明治時代、海運橋は兜町界隈の主要な橋として賑わい、錦絵に描かれる程の、美しい姿を誇っていたそうです。

海運橋の東橋詰に、銀行発祥の地があります。1872年、第一国立銀行として清水建設が、和洋折衷の建築物を建設し、渋沢栄一が、1873年に第一国立銀行を開業。第一国立銀行は、東京の名所として、海運橋と同様に錦絵に描かれています。

江戸橋の外観

江戸橋の外観です。

江戸橋の親柱

江戸橋の親柱。えどはし と書いてありますが 私は、えどばし と発音したいです。

海運橋の碑

海運橋親柱。海運橋は東詰に御船手頭向井将監の屋敷があり、将監橋とか海賊橋と呼ばれていたそうです。明治改元に海運橋に名称変更されています。
御船手頭(おふなてかしら)向井将監(むかい・しょうげん)は、御船手頭は水軍指揮官の向井将監さんの事ですが、御船手頭は幕府の海軍で、海賊衆ともいっていた。
海運橋は綺麗な名称ですが海賊橋も良かったな・・・

海運橋の説明

海運橋親柱
所在地   中央区日本橋一ー二十先
 日本橋兜町三先
海運橋は、楓(もみじ)川が日本橋川に合流する入り口に架けてあった橋です。江戸時代初期には高橋と呼ばれ、橋の東詰に御船手頭向井将監(しょうげん)忠勝の屋敷が置かれたので、将監橋とか海賊橋と呼ばれていました。御船手頭は幕府の海軍で、海賊衆ともいっていたためです。
橋は、明治維新になり、海運橋と改称され、同八年に、長さ八間(約十五メートル)、幅六間(約十一メートル)のアーチ型の石橋に架け替えられました。文明開化期の海運橋周辺は、東京の金融の中心として繁栄し、橋詰にあった洋風建築の第一国立銀行とともに、東京の新名所となりました。
石橋は、関東大震災で破損し、昭和二年鉄橋に架け替えられました。このとき、二基の石橋の親柱が記念として残されました。鉄橋は、楓川の埋立てによって、昭和三十七年撤去されましたが、この親柱は、近代橋梁の遺構として、中央区民文化財に登録されています。
平成六年三月
中央区教育委員会

スポンサードリンク

サイトMENU

Copyright (C) 2008-2016日本橋川・亀島川・隅田川の徒歩と舟の旅. All Rights Reserved.