西河岸橋(にしがしばし)

西河岸橋の創架は、明治24年(1891)、銅製トラス橋として架橋。現在の西河岸橋は、大正14年(1925) 鉄製で架設され、平成 3年(1991)に改架。

西河岸橋は、日本橋の西側に当たる河岸地の名残を留めており、船着場と土蔵が多く立ち並ぶ、反対側を「裏河岸」と言う。泉鏡花の小説「日本橋」の舞台としても有名です。

西河岸橋の外観

西河岸橋の外観です。

西河岸橋の親柱

西河岸橋の親柱。

西河岸橋の説明

西河岸橋
このあたりは、江戸時代より我が国の商業・経済の中心地として、栄えてきました。
この橋は、日本橋から一石橋までの日本橋右岸地域が、西河岸町という地名であったことから”西河岸橋”と名付けられたものです。 初代の橋(明治24年架設)は、弓弦形ボウストリングトラスという、当時最新式の鉄橋でした。関東大震災により被害を受けたこの橋は、大正14年に現在の橋に架け替えられました。
区では、架設後65年を経過したこの橋を平成2年度において、痛んだ部分を修復し、さらに伝統的な木造建築様式の木組みを採りいれた意匠で整備しました。
建築の諸元
形 式  3径間連続鋼構桁橋
橋 長  52.0m
有効幅員 11.0m(車道6.0m 歩道2.5m×2)
橋 下  日本橋川
着 工  大正13年12月
竣 工  大正14年8月
施工者 東京市
平成3年3月 東京都中央区

日本橋魚河岸発祥の地(にほんばしうおがし はっしょう のち)

この日本橋魚河岸発祥の地は19_日本橋の近くにあります。

日本橋魚河岸発祥の地

日本橋魚河岸発祥の地。ここは「乙姫の広場」と言われる一角です。
なぜか?
魚河岸と言えば魚、魚と言えば海、海と言えば龍宮城、龍宮城と言えば乙姫(おとひめ) 。
え〜え!!中央のおばさん!乙姫〜!

日本橋魚河岸跡の説明

日本橋魚河岸跡
所在地 中央区日本橋室町一丁目8番 地域
日本橋から江戸橋にかけての日本橋川沿いには、幕府や江戸市中で消費される鮮魚や塩干し魚を荷揚げする「魚河岸」がありました。ここで開かれた魚市は、江戸時代初期に佃島の漁師たちが将軍や諸大名へ調達した御膳御肴の残りを売り出したことに始まります。この魚市は、日本橋川沿いの魚河岸を中心として、本船町、小田原町、安針町(現在の室町一丁目・本町一丁目の一帯)の広い範囲で開かれ、大変な賑わいをみせていました。
なかでも、日本橋川沿いの魚河岸は、近海諸地方から鮮魚を満載した船が数多く集まり、江戸っ子たちの威勢の良い取引が飛び交う魚市が建ち並んだ中心的な場所で、一日に千両の取引があるともいわれ、江戸で最も活気のある場所の一つでした。
江戸時代より続いた日本橋の魚河岸では、日本橋川を利用して運搬された魚介類を、河岸地に設けた桟橋に横付けした平田舟の上で取引し、表納屋の店先に板(板舟)を並べた売場を開いて売買を行なってきました。
この魚河岸は、大正十二年(一九二三)の関東大震災後に現在の築地に移り、東京都中央卸売市場へと発展しました。
現在、魚河岸があったこの場所には、昭和二九年(一九五四)に日本橋魚市場関係者が建立した記念碑があり、碑文には、右に記したような魚河岸の発祥から移転に至るまでの三百余年の歴史が刻まれ、往時の繁栄ぶりをうかがうことができます。
平成十九年三月
中央区教育委員会

スポンサードリンク

サイトMENU

Copyright (C) 2008-2016日本橋川・亀島川・隅田川の徒歩と舟の旅. All Rights Reserved.