常磐橋(ときわばし)

常磐橋は、常盤橋公園から日本銀行側に通じる橋です。江戸時代の常盤橋門の跡にあります。始めは1590年に架けられたといわれ、三代将軍家光の頃までは大橋とも浅草口橋とも呼ばれていました。

改名の上意を受けた町年寄奈良屋市右衛門は、寄宿の浪人から「常盤」の名を得て、これを献上しました。それは『金葉和歌集』の「色かえぬ松によそえて東路の常盤の橋にかかる藤浪」の意であるといわれています。現在の石橋は、枡形に用いた石を使って、1877年に架けられました。神田川の眼鏡橋がなくなりましたから、区内では皇居の「石橋」とともに貴重な石橋ですが車は通れません。銘板には「常磐橋」と刻んであります。別名として、「大橋」・「浅草口橋」・「常盤橋」があります。橋下には地下鉄半蔵門線が通っています。

常磐橋の外観

常磐橋の外観

常磐橋の外観

常磐橋の外観

常磐橋の外観

常磐橋の中央にはめ込まれた「常磐橋」の刻印

常磐橋の親柱

常磐橋の親柱。かなり痛んでいます。痛々しい・・・・

常磐橋の解説

常磐橋
 この橋を常磐橋といい三代将軍家光の頃までは、大橋とも浅草口橋ともよばれました。
 しかしその名はよくないので改名するよう、町年寄の奈良屋市右衛門に命ぜられました。
 市右衛門は自宅に寄宿していた浪人に頼んで、橋の名を考えてもらい、常磐という名を献じました。「金葉集」の大夫典侍の歌に、「色かへぬ松によそへて東路の常磐のはしにかかる藤波」とあり、その歌の心を松平の姓にかけためでたい名です。なお常盤と常磐の文字のちがいがみられます。
 橋詰に北町奉行所があったこともあります。
 関東大震災後下流に常盤橋が架けられました。
 現在の石橋は枡形に使っていた石を用いて、明治十(一八七七)に改架した都内随一の貴重な洋式石橋です。橋の銘板には常磐橋とあり城門の枡形の一部も現存しています。
平成三年三月
千代田区教育委員会

スポンサードリンク

サイトMENU

Copyright (C) 2008-2016日本橋川・亀島川・隅田川の徒歩と舟の旅. All Rights Reserved.