新川橋(しんかわばし)

新川橋は、現在、3スパンの鋼製桁橋。昭和2年、関東大震災の復興計画の一環により架橋されています

明治36年、堀留橋から01_三崎橋までを掘削し、神田川と結ばれた。この新しい川に架橋されたのが「新川橋」。江戸時代、家康が江戸入城後江戸城の北の守りとして、平川を埋立て直参の旗本屋敷町とし日本橋川の三崎橋から新川橋界隈は、飯田町と呼ばれていました。

埋立てられた平川の上流、平川の源泉は、小石川の大きな沼でこの小石川の大きな沼を埋め立て、建てられたのが、徳川御三家の一つ水戸徳川家の上屋敷「後楽園」です。小石川「後楽園」へは、神田川「江戸川橋」から、直通で上水道が引かれていた。現在では、暗渠(あんきょ)となり「巻石通り」と呼ばれています。

江戸時代の飯田町は、田安御門、牛込御門、小石川御門に囲まれていた。旗本屋敷だけではなく、武士相手の商家も、立ち並ぶようになった。台所町」は、江戸城の台所関係者が住んでいたと伝えられています。幕末、江戸城護衛のために、倒幕派を取締る「新微組」の詰所が設けられた。

新川橋の外観

新川橋の外観です。オレンジがベースカラーの新川橋です。

明治維新、旗本が徳川慶喜と共に駿府に移住。飯田町は、荒れ野と化してしまった。明治政府は、この荒れ野を開拓し、桑やお茶の栽培を推進。 但し、この栽培事業は、後日頓挫する。駐在外国人の愛飲する牛乳を確保する為、北辰牧場もつくられた。

富国強兵の一環として、「甲武鉄道」が開通され、明治36年に、生糸の産地「八王子」から飯田町を結んだ。又、同年市区改正事業の一環として、埋められていた平川を掘削した。新しい水路は「新川」と呼ばれた。以上を紹介した各案内板が、目白通りの飯田橋から九段まで、並んでいる。

飯田町が、飯田橋に改名されたのは、昭和41年。この年、都内の多くの町名の大改名が施行された。前出の巻石通りの町名も、水道端から水道に改名された。明治39年から目白通りを走っていた市電後の都電が、廃止されたのは昭和43年だ。「昭和は、遠くになりにけり」

新川橋の橋名プレート

新川橋の橋名プレート。錆びていてやや侘しいですね。

スポンサードリンク

サイトMENU

Copyright (C) 2008-2016日本橋川・亀島川・隅田川の徒歩と舟の旅. All Rights Reserved.