三崎橋(みさきばし)

三崎橋は神田川と日本橋川の分流点から最初の日本橋川に架かる橋です。下流にある新三崎橋と同様に千代田区飯田橋三丁目と千代田区三崎町三丁目を連絡する橋でもあります。
この三崎橋は明治の日本橋川再掘削にともない作られましたが、現在の三崎橋は昭和29年(1954)3月3日に作り直されています。

三崎橋の名前の由来はこの一帯が三崎であるからですが、地名が三崎といわれるのは沼地の中に岬状の陸地が形成されたのが由来だそうで、江戸幕府が江戸を整備するまでは、現在の大手町から日比谷や新橋周辺には日比谷入江と呼ばれる遠浅の海で、この辺りはちょうど日比谷入江に突き出した「ミサキ(岬)」だったため、この名が付いたと伝わっています。

この辺りは、掘られたり埋めたれたりを繰り返しています。
1・まずは、江戸初期に神田川 の開削工事で掘られ、
2・その後、武家屋敷を作るために現在の 三崎橋から堀留橋付近までの川が埋められ、
3・明治36年(1903)市区改正事業で再び掘られ、
現在に至っています。

明治以降、東京の掘割(運河)は埋め立てられた訳ですが、この三崎橋から05_堀留橋までは逆に掘られた訳で埋め立て一辺倒ではなかった様です。

三崎橋の外観

写真は、三崎橋です。日本橋川はここから始まります。神田川の小石川橋上から撮影したもので、神田川はここで日本橋川に分流します。

※小石川は玉川上水を水源とした千川上水の文京区千石より下流で現在は千川上水同様に外から見えないようになっている水路すなわち、暗渠(あんきょ)となっているため目にすることはありません。

三崎橋の親柱

三崎橋の親柱。親柱(おやばしら)とは橋の両側に立つ柱で橋名とか架橋年月日などが彫り込まれます。

三崎橋の改修記録

三崎橋の改修記録です。
1987年3 千代田区

三崎橋からみた神田川の上流方向

三崎橋からみた神田川の上流方向で、左側の上下が日本橋川の三崎橋、奥側の左右の神田川の小石川橋です。 写真を上に行けば、神田川の源泉である井の頭池。写真を左に行けば隅田川、下に行っても隅田川です。

三崎橋からみた神田川の下流方向

三崎橋からみた神田川の下流方向です。右が日本橋川、三崎橋と平行な左の川が神田川。

スポンサードリンク

サイトMENU

Copyright (C) 2008-2016日本橋川・亀島川・隅田川の徒歩と舟の旅. All Rights Reserved.