日本橋川・豊海橋

永代橋をくぐると日本橋川の河口です。舟は、隅田川から日本橋川に戻って来ました。

日本橋川の最下流の橋は24_豊海橋で別名「乙女橋」です。豊海橋は、永代橋、清洲橋等とは又、違った趣のある橋梁です。

江戸時代、豊海橋辺りは諸国からの廻船の酒を陸揚げする「新堀河岸」と呼ばれ、白壁の酒蔵が並んでいました。

中央区民有形文化財に指定されている豊海橋をくぐると舟は、穏やかな揺れに戻りました。青空が眩しい日本橋川を上流に向かいます。豊海橋、湊橋までは、日本橋川に大きな空があります。亀が二匹、川岸でひなたぼっこをしていました。高架下の日本橋川上流では、見る事が出来ない光景ですね。

豊海橋1

隅田川から豊海橋を見ています。豊海橋の向こうは日本橋川。ここは隅田川と日本橋川の合流地点です。
波が穏やかでとっても安定してます。豊海橋は乙女橋とも呼ばれます。

豊海橋の初架は、永代橋と同じく元禄11年(1698)と云われています。現在の豊海橋は、昭和2年(1927)に震災復興橋として改架されました。豊海橋は、国内でも貴重な構造形式を持つ「フィーレンディール(銅結構)橋」です。フィーレンディールと呼ばれる意匠の梯子を横倒しにしたような外観の重量感ある豊海橋は、隣接する永代橋と「都市景観と調和」の下に架橋されました。

豊海橋1

ここは日本橋川です。隅田川から豊海橋をくくり、永代橋を見ています。豊海橋の先は隅田川。

豊海橋1

豊海橋と湊橋の間、ほとんど豊海橋寄りですが、沢山の船が停泊しています。

豊海橋1

豊海橋を上流の湊橋辺りから見ています。右前には上写真にもある船舶が停泊しています。

スポンサードリンク

サイトMENU

Copyright (C) 2008-2016日本橋川・亀島川・隅田川の徒歩と舟の旅. All Rights Reserved.