亀島川・霊岸橋

亀島川一番上流の橋は「霊岸(れいがん)橋」です。霊岸(巌)島の名称が唯一残っている橋の名です。霊巌島は、江戸時代「江戸名所図会」に八丁堀北東の一州に霊巌寺がある事に由来し、現在の中央区新川一、二丁目です。

霊岸橋

霊岸橋。この橋は永代通りで、左に進むと皇居大手門に行き、右に進むと隅田川・永代橋を渡します。永代橋までは約500メートル位です。

近くの越前堀児童公園に「霊巌島の碑」がありその由来によると”寛永元年(一六二四)に、雄誉霊巌上人が霊巌寺を創建して、土地開発の第一歩を踏みだし・・・”とあります。
霊巌島は霊巌寺に由来しますが、霊巌島の由来となった霊巌寺は現在、東京都江東区深川白河町に移転しています。

霊岸橋から下流の風景

霊岸橋をくぐり下流の新亀島橋方向を見ています。
大雨や台風などで、水位が高くなり写真左鉄階段辺りまで増水した亀島川を見たこともあります。
水門が守ってくれているのですね。

また、由来によると”当地区は、今から三百七、八十年前、江戸の城下町が開拓される頃は、一面の沼地葭原であった。”とあります。
江戸時代、霊巌島をこんにゃく島とも呼んだそうですが沼地で地盤が弱かったから、その様に言ったのででしょうね

新亀島橋からの霊岸橋

新亀島橋の真下からの霊岸橋を見ています。日本橋水門も見えます。
ボートが見えます。亀島川にはこの他にも、沢山の小型船舶が係留しています。
ボートの手前の白い2点は鳥です。多分”ユリカモメ”だと思います。
ご参考:古来の和歌などに詠まれた都鳥(みやこどり)とは”ユリカモメ”であるといった説もあります。

スポンサードリンク

サイトMENU

Copyright (C) 2008-2016日本橋川・亀島川・隅田川の徒歩と舟の旅. All Rights Reserved.